働くことに思うこと

新大阪で起業した男の顚末まで

労働基準法守ってる方が会社はうまくいく

経営者は言う。

 

「法律守ってたら会社潰れるよ」

 

本気か冗談か、本気ならば苦笑いだ。早く潰れてくれ。

 

法律は、人類の叡智である。

 

沢山の失敗や、悲しい事件を教訓に法律という形でルール化されている。

それを無視してしまうことはさすがに偉い社長様でも許されることはない。

 

労働基準法も、強制労働や、労働時間の上限など、問題点を少しずつ改正して今に至る。労働者のために整備されている法律だ。

 

経営におけるサービス(提供する付加価値)は、働く人たちが与えられる労働にプライドを持って働いているかどうかで大きく変化する。プライドを捨ててまで苦しい仕事を選ぶ理由は、苦しみの対価をお金に置き換えて納得できるかどうかで決まるが、やはりそんな会社のサービスの品質は低い。

 

裏を返せば、プライドを持って働くことができるならば、将来の自己実現とキャリアアップ、会社を通じた社会貢献の実感など、給与以外にやりがいをもって働くことができる。つまり極論、給与は安くてもかまわないのだ。

 

法律をしっかり守り、働く人たちのプライドを守ることは、離職やモラルハザードの防止、余計な人間関係のひずみを解消する唯一の手段である。

 

会社のような人で構成される集団は必ずルールが必要で、法律というルールを守ることが秩序維持に必要不可欠だ。

 

適切に維持された秩序の下であれば、皆が活き活きとはたらくことができるし、利益の一次的な受け皿である会社は高品質のサービスによって大きな見返りを享受することができる。

 

さらに利益の再分配として従業員へ還元すれば、ひたすらに良好なスパイラルに乗り、業績は向上する。

 

法律を守らない会社では、当然従業員もルールを守らない。守る必要もない。

自分だけのルールを守らせようといつもイライラ不機嫌な経営者の下では誰も育たない。人が育たない組織は必ず衰退する。

 

上機嫌に、皆で目的に向かって猛烈に働くためには、労働基準法を徹底的に守ることが第一歩なのだ。法律を守らないなんて恐ろしくて経営者ならできないはず。

 

守らない会社が得をすることは無い。必ず後で帰ってくるのが因果応報。

 

 

 

RESUS社会保険労務士事務所

山田 雅人

yamada@resus.co.jp