働くことに思うこと

新大阪で起業した男の顚末まで

クラウド会計ソフトのいい事ばっかりを書く

f:id:yamadaresus:20180413093341j:plain

 

MFクラウド公認メンバーに認定された。

 

といってもMFクラウドを運営するマネーフォワードさんは専門業者から顧客にアプローチする営業手法を重要視しているので、企業とお付き合いの多い税理士・社労士はウェルカムで、実は手続きするとあっさり公認される。社労士はMFクラウド好きが多い気がする。

 

どのクラウド会社も憤っていることが一つある。

 

それは、機械で簡単に処理できる事務作業を、いまだに一生懸命アピールして、企業価値向上のための「提案」をしない専門家が多いことだ。

 

私も職業柄、たくさんの士業連中と会うが、税理士ならば相変わらず財務指数の集計に力を入れて、決算書の読めない経営者はヤバイ見たいなことを言っているし(確かにやばいけど)、社労士は給与計算や社会保険の手続きの面倒さをアピールしまくって顧問先獲得に躍起になっている人が多い。既に変更できない過去に専門的エネルギーの大半を使っている人が多い。特に年配の人達。

 

クラウド会社は、誰が行っても結果が同じ作業は機械に任せて、問題解決やオリジナルなアイデアで将来の付加価値となる方法を提案し、企業価値を伸ばしていくべきだと言っている。

 

私はもう40歳なので若いわけではないが、若い専門家はクラウド会社の考え方に全面賛同する人が多く、結構みんなで集まってお話をしている。

 

税理士にお任せしておけば全て完了。ではなく、簡単な入力作業は自社で行い、専門家に『チェック』を任せるという方法がよいのではという実務上の考えだ。

 

私もまったくその通りだと思うし、私自身の会社もクラウド会計ソフトの【Freee】を使って経理を済ませている。記帳業務にストレスを感じる事はない。ちなみにFreeeには創業手続きの支援機能が付いていて、そのまま利用しているだけで他のクラウド会計に問題があったわけではない。

 

周知の事実のため説明不要だと思うが、クラウド会計ソフトは面倒な重複作業がなく、一度一か所に入力すれば、ほぼ自動的に仕分けされて、情報が決算書に集約される仕組みになっている。

 

給与計算ソフトとも連動していて、勤怠を従業員に入力させて、しっかりルールを設定しておけば給与計算も一瞬で終わる。念のため電卓でも計算するが、電卓計算は10倍時間がかかる。

 

当然、数字はクラウド上で厳重に管理、蓄積されているので、分析や収支データにも目視的に出力されて大変使い勝手がいい。

 

一昔前までは、少なくとも税理士に顧問をお願いしなければ会社経営は難しかった。

  

経理知識のある人間が独立しても、営業が疎かになって事業は進まないし、営業の上手な人も経理、人事などバックオフィスの仕事に忙殺されるし、スタートアップの経営者はお金が無いので経理、人事、営業、行政庁への届け出などすべてを一人でこなさなければならず、将来の事業方向や問題解決に割く時間が無かった。

 

だから、経営者は深夜まで会社で何かしていたのだ。(と思う)

 

私のような現代人はクラウド会計のおかげで、一般従業員よりは少し遅いが、深夜まで作業を行っていることはほとんどない。

 

友人たちと食事に出かけたり、新しい本を読んだりと、ワークライフバランスもしっかりしている。当然睡眠時間を削るようなことはしない。

 

起業のハードルは明らかに下がっている。

 

クラウドファンディングや低金利かつ保証人不要の公的融資機関もせっせと貸し出ししてくれるし、クラウド会計であれば専門家も手続きが楽なので、顧問料も安い。当社の税理士は月々1万円ちょっとでしっかりチェックや指導をしてくれている。

 

社長が飲み食いなどに使わなければ、無駄な経費がほとんどかからないので雇用もたくさんできる。にぎやかな会社は活気があって生産性が高まる。

 

クラウドが士業の仕事を奪うとかいう本はたくさんあるが、逆だ。

 

顧客や従業員にとって魅力のあるオリジナリティあふれてユニークな製品・制度設計や、資金調達や、場合によっては従業員達への直接的な相談窓口や知識の提供で、どんどん仕事の幅は広がっていく。

 

会社側は、少ない費用でたくさんの専門家にチェックさせる構造ができる。

 

これも、面倒な手書き帳票を消滅させてくれたクラウド会計会社様のおかげだ。

 

FreeeもMFも、弥生も他沢山ある会計ソフト会社も独占的でなくよいバランスで競争している。しかもどこも安い。

 

 よいビジネスアイデアがあれば、年齢、性別、国籍問わず、少ない資本で独立できる。

 (※熱意は必ず要る)

 

チャレンジして、失敗しても、何度でもやり直せる時代で嬉しい。

 

当社からも起業したり、フリーで活躍できる人がたくさん出てくることも楽しみだ。

 

その時は、8%くらいの低金利で貸し付けしよう。顧問料も高めにもらおう。

 

 

RESUS社会保険労務士事務所

山田 雅人

yamada@resus.co.jp