働くことに思うこと

新大阪で起業した男の顚末まで

プンプン匂うヤバい求人票をセレクトしたいと思います

採用難といわれているだけあって、いろいろな会社から採用相談をいただいているので休日にせっせと他社研究をしている。世の中には実に様々な業種があり、他社の求人票調査は面白い。(だから休日にまだしつこく調査してる)

しかし求人広告会社に金ばっかりとられて応募がないと嘆く経営者の方が非常に多いためチェックしていると、本気でこんなこと書いてるならヤバい会社と思われて仕方ない事が多い。人任せにしているから悪いのだが、超お堅い仕事なのにキャハハウフフな職場感満載だったりする。とりあえず赤ペンで真っ赤にしてしまった求人票を眺めつつ、折角なので僕なら絶対応募しないプンプン匂うヤバい求人票ワードをセレクトした。転職は、慎重に。求人も、慎重に。

 

まずはいつもの、

【固定残業代(みなし残業代)の支給】

わざわざ理由は言わないが、固定残業代は労働者にとって何のメリットもない。当然、適法に正しく運用することもできるがその場合には労務管理コストも増大し、まともな経営感覚なら制度を採用しないが、こんなクソみたいな制度を導入している会社は労務知識が乏しく高確率でまともな会社ではない。働く人たちを阿呆やと舐めているか、または阿呆が引っかかって入社してくれるのでまだ続いているのだろう。社員を大切にしていますが、固定残業代を支給しています。それ、嘘だしん。

 

(固定残業代のメリット)

①報酬額を大きく見せれる(給与を盛れる)

②割増賃金を低く計算できる

長時間労働を常態化させやすい(残業ありきの制度として蔓延してる)

 (労働者のメリット)

①無し。以上

※安く長時間労働させたことによる利益を従業員に賞与で還元するとかそんな無意味な行動は想定しません。

※早く帰れば得をするという人もいますが本当に帰れると思いますか?それなら結構です。

※金さえもらえりゃ長時間OK?それなら結構です。

※僕に噛みついてくる経営者がときどきいますがそれ、従業員に同じこと言ってくださいね。

 

【やる気のある人・やる気次第で昇給】

かなり使い古された表現だが、これは何を言いたいのだろう。やる気を維持させるためには組織に貢献したいと思わせなければならない。やる気というモチベーションを高めるのは経営の大切な仕事なのに、本人次第ということか。ということは、やる気のない奴は辞めてしまえと日常的に口にしている会社に違いない。

 

【アットホームで和気あいあい】

気色悪すぎ。会社は家族ではない。限られた時間を共有し目的に向かうチームだ。アットホームを口にする経営者は従業員を家族と勘違いしており、従業員はその場合子供だ。家族に裏切られると激高するのだからヤ―様に近い思想だろう。毎日社長様のありがたいご高説を聞き、唱和を絶叫するのだろう。和気あいあいと。

 

【ネイル・金髪OK】

マジか。見た目にこだわるヤンキーだらけの会社で何を学ぶのか。見た目だけ目立ちたいような幼稚な連中でも気合でできる仕事なのだろう。そんなガキの集団に属したくない。販売系なら許す。しかし頭を冷やせばファッションに対する考え方なのであまり目くじらたてなくてもよい。そういえばわが社はネイルも金髪もパーマもピアスも全然OK。ミニスカはやめてください。

 

【オフの飲み会や休日の集まり】

まだやってんのか。君たちのような内向きの集団が、外部の人間を同化させようとしていることが恐ろしい。ワークライフバランスを学べ。年一回くらいなら許す。金だけくれて偉い人来ないなら許す。

 

ハローワークには掲載していないレア求人】

これはヤバすぎる。ハローワーク社会保険に加入している会社でなければ求人してくれない。つまり、社会保険に加入していないと公言している。通報しちゃうぞ。

 

【異常に高い給与】

入社2年で年収800万円の給与をもらっている社員もいます。けど簡単な仕事です。

いまどき大手企業でも2年で800万円はもらえない。誰でもできる簡単なお仕事なのに給与高すぎる。ということは、仕入原価の安い商品を高額で売る呵責無き鬼の心が必要なのだ。どんな仕事かというと、やっぱり怪しげな商材を売る会社。心が病むぜ。水素水飲んで落ち着こう。

 

【平均年収800万円】

怖い怖い。建築営業怖い!!平均とは、どの部分を切り取ったかによっていろいろなトリックが可能なのは小学生を超えてくるとわかる。口コミサイト覗いてみるとその半分くらいって書き込みされてる。平均って怖いね。平均が出てきたら疑おうね。

 

離職率10年間ゼロ】

宗教団体でもこれは無理。超少人数または家族経営ならば運よく可能かも。独立する社員はどうするのだ。健全な離職率は毎年20%くらいまでだと思うのだが。純白すぎるのも余計に怖い。本当ならば神が経営しているのだろう。僕も入社したい。

 

しかしそんな会社にも飛び込んでくれるチャレンジャーがいるから社会は回っている。求人広告がどんな誇大広告であったとしても、即時の契約解除と引越し代を請求するくらいしかできない。怪しい広告にだまされた方が悪いのだ。賢い皆様は、労働条件通知書も労働契約書も確認せずに入社を決めてはいけない。

 

 

RESUS社会保険労務士事務所

山田 雅人

 

 

久しぶりのお友達は90連休中

久しく音信不通だった年下の友人が突然立ち寄ってくれた。

僕の中でも指折りの元気な若者で、他社とはいえそれなりにそこそこ可愛がっていた。

そんな友人も30歳の大台を迎え、人生何があるかわからんですねと笑いながらの報告は退職だった。

そこまではよくある話。

何と60日間の有給休暇と休日でのんびり過ごしているらしい。有給休暇60日?40日じゃないの?

私としたことが、すっかりうっかりしていた。

有給休暇には付与日という基準日があり、その日が訪れると自動的に有給休暇の権利は発生する。6年6か月を経過するとフルタイム社員であれば20日が毎年付与され、付与された年に使いきれなかった分は翌年に繰り越しされる。10年以上フルタイム以上に勤めあげ、さらに有給を一切消化しなかった頑張り屋さんの彼は40日の有給権利がキープされており、ちょうど40日を消化するタイミングで付与日が到達するように調整すれば、あららびっくり60日の有給休暇の出来上がり。そうか、有給休暇の最長は60日なのだ。そして、事業主側で抗う方法は無いのが退職までの有給休暇。社長がわめいても勝手に発生する。賃金を払わない暴挙に出る経営者も存在するらしいが、弁護士先生にオイシイ仕事を与えるだけなのでやめたほうがいい。

 会社の所定休日に60日の有給休暇を合わせれば、ざっくり計算しても3ヵ月ほどは給料をもらいながら休めちゃう。休ませてもらえなかった哀しい労働者が最後に得る長期有給休暇。スグ先で安定収入を失う事が決まっている長期休暇は全力で喜べない。また、3か月後からの勤務希望者に内定を出す根性の座った企業はなかなか無い。その長期有給休暇は誰が得するのだろう。折角の権利を捨ててしまうのも勿体ない。

年次有給休暇の趣旨は労働者の心身の疲労を癒すためで、疲れたら休む。換言すれば、しっかり休んだならまた働けという意味でもある。法律を制定した時には当然のように皆が権利を行使すると疑いなく想定しており、まさか退職を決意するまで使えない(使わない)労働者がこんなにも発生してしまうことは想定していなかったと聞いたことがある。つまり、退職者の有給休暇は法の趣旨とずれている。ずらしたのはもちろん、ずれた感覚の事業主だ。

いつも申し上げるが、事業主の経営戦略上、退職者の有給消化は会社に何の得もない。ただ黙って有給を消化させなかったことを後悔しているのならば救いようもあるが、なぜかプンプン怒っている経営者の方が多い。

 わが社は趣旨をしっかり理解して、きっちり年度内に有給の全消化をクリアし繰り越しさせないようにしているので、退職日まで3ヵ月も籍だけ残る奇妙な幽霊社員を抱えることはまずないが、怒っている経営者たちにはそろそろ鉄槌が下される時期に差し掛かっている。有給休暇ごときを消化できない企業には誰も入社してくれないぜ。

私個人としては、退職者が次の生活にスイッチするまでに1か月くらいの猶予期間はあってもよいかなと思っているが、暇な時期には1か月くらい連続で休暇を取得し、また働いてくれるのが一番いい。

いろんな屁理屈で消化させないように頑張っている愚かな経営者も多いが、そんな無駄なことを考える暇があれば有給休暇を消化させる方法に頭を使う方が賢い。

有給休暇を毎年全消化させることもなかなか難しい。悪い頭の体操ならば、賢く使いたい。

日ごろから有給休暇を消化させておく以外に、退職者の長期有給休暇を拒否する方法は無い。

友人よ。次こそは休日くらいまともな会社に勤めなさい。 

 

 

RESUS社会保険労務士事務所

山田 雅人

indeedの無料求人枠だけで採用できるか

求人担当であれば気になって仕方がない話題のindeedインディード)。無料で求人広告を掲載できるということはお馴染みだが、実際に費用をかけずに採用に成功した記事を発見できなかったので当社の取り組みを紹介する。

結論としては、少人数であれば十分可能。だ。

インディードには無料枠と有料枠があり、求職者が目にするページの上の方、スポンサーと書かれている求人広告は全ていくらかの費用を払って露出度を高めている。

簡単に話題のインディードをおさらいしてみるが、皆さんが今まで目にしていたようなアルバイトマガジンや駅においてある求職チラシとインディードは根本的に構造が異なる。

日ごろからスマホを使っていればわかるように、Yahoo!Googleはそれ自体は情報を発信せず、誰かが発信した情報を集めて表示する『検索エンジン』と呼ばれるものだ。

インディードも構造は同じで、誰かが発信している情報を集めて表示する、『求人特化型』の検索エンジンと考えてよい。何と人材業界の巨人、リクルート社が親会社として運営している。

こいつの凄いところは、企業のホームページや、他業者の媒体、インターネット上で検索可能なすべての情報をAIによるクローリング、つまり人工知能よって探り当て、一定の要件を満たしていれば自動的にインディード上に表示できる仕組みにある。

最近はCMでも遂に言い出したが、まさにインディードだけ見ていればすべての求人は検索できる優れモノだ。求人媒体業者であれば凄まじい広告戦略に震えているはずだが、そんな競合他社もこぞってインディードへの表示できるような仕組みにしていて、人材業界の闇の深さをうかがい知ることができる。

インディードは媒体会社から、媒体会社は一般企業から金をとる仕組みが出来上がりつつある。もちろんインディードへの直接投稿による有料枠が最も上位表示される仕組みも忘れていないので、結局はインディードの一人勝ちが現状だ。有料枠であればクレジットカードまたは12万円をデポジットしてから使っていくのだが、ワンクリック50円~200円程度と地域によって変動し、100クリックされても一万円程度と、旧来の求人媒体と比較すると圧倒的に安い。マジ安。

さてしかし、気になる無料枠(オーガニック)でどこまで採用可能なのかは多くの人事担当が気になっているところ。採用費用に経費を圧迫されて人材定着関連に費用を割けない企業も多い中、インディードに救済されている企業も少なくないはず。無料枠は本当に一切費用は掛からない。せこくコスコスと課金に誘導するような鬱陶しい仕組みも無い。こんな話をしていると早速顧問先から投稿代理の依頼があったため、当社で実験させてもらった。

今回は不動産会社の事務職であり、人気があるような無いような良くも悪くもない職種で、二名正社員を採用してもよいとのお許しをいただいたため、せっせと頑張ってみる。

求人費用は一切かけないけどいい人いたら採用していいよ

という、完全にふざけた依頼であったが、せっかくなのでいろいろ実験させてもらう。

ちなみにインディード等の求人広告は代理店も多い。しかし課金させることによるバックマージンビジネスは私の最も嫌う手法なので私はやらない。当社は求人広告の代理。求人サイトへの投稿を代行するのは(正確であれば)法律上も問題ないし、インディードに問い合わせると今のところダメというルールは無いとのことだったので、面倒くさがりで口下手な事業主に代わって私が投稿させてもらった。もちろんコレで費用はもらわない。

当社は職業紹介事業者ではないため、採用が決まっても売上にならない。従業員が顧問先で採用され、1年以上の定着によって受け取る助成金の一部をごっそり持っていく(20%以上)ことを生業の一つとしているため、すぐ離職するといったミスマッチはタダ働きになってしまうためにしっかり準備に取り掛かる。

自社の環境改善することで定着性は高まり、そして公開することで入職希望者も増えるのは当然のことで、職場の調査と改善への取り組みはすでに実施している。

どこの会社でも同じようなものかもしれないが、年間休日や有休消化率、労働時間管理は本当に甘い。しかし過去は変えられないが未来は変えられる。今後将来にわたって事業主が労働環境改善に取り組むことを、全従業員に向けて発信させ、その通りに努力していく。有給消化率は0%に極めて近かったが、100%に向けた取り組みを管理職の意識改革も含めて実施し改善されている。今まで求人1名に百万近くも広告費をかけてはすぐ辞めるを繰り返していたのだから、その分を回せば安すぎるものだ。従業員を休ませることはタダだ。

求人情報や求職票に偽りがあれば、せっかく来てくれた従業員もすぐ辞めてしまう。将来の労働環境改善は私たち社労士の腕の見せ所。過去は私にはどうにもならないし、来ない来ない来ないと嘆いても応募は来ない。それよりも、自社の足元を見渡して、魅力のある会社に改善していくことが重要なのは多くの事業主が少しづつ気づき始めている。だから私のような輩でも儲かるのだ。儲けさせたくないならば今いる社員の待遇改善、休日増加に取り組めば良いだけの話。

さて3か月間の実施結果は、

①求人広告費ゼロ(無料求人枠のみ)

②閲覧数4000超

③応募者70名

で無事2名の正社員採用に至り、入職後3か月を経過するがいまも機嫌よく働いてくれているようだ。

 

f:id:yamadaresus:20181205102548p:plain

 

気づいたことがあったのでメモしておくが、

 

①頻繁に再投稿(リポストというらしい)を繰り返すとペナルティ食らう

②クローリング表示(自社HP)より直接投稿が優先される

③オーガニックは10日くらいで表示順位激下がり

④立派なタイトルは閲覧多いけど応募者少ない(有料枠のときは注意)

⑤大量採用には向かない。

⑥投稿する曜日あんま関係ない

 

考えればわかることも身をもって体験できたので良かった。

スマホで簡単に応募できるため、1日以内で返信してもなんら反応の無いケースも20%程度あったが、まあこんなもんだろうと諦めるしかない。

さてさて、無料枠にはいろいろな公開されていない制約があり、調子に乗って無茶をするとしっかりとペナルティを課す罠が仕掛けてあるため、インディードの仕掛けは実験しながら審判の顔色をうかがうしかない。

のところタイトルの注意事項は沢山あるがペナルティは甘い。散見する和気あいあいとしたアットホームな職場などと気色悪い表現も問題ないが、和気あいあい毎日飲み会のアットホームな会社に応募は来るのかよく考えて掲載が必要だ。今後は職種に関連しない表現はペナルティとなっていくそうなので動向に注意したい。求人票は会社を表すもので、装飾はマイナスにしかならない。正確に、慎重に、誇大とならないような表現で、恥も誉も正直に表記する。ちなみインディードは2万文字まで掲載できる。結局は求職者目線で情報が提供されているかに尽き、正直に勝る求人票は無い。当たり前のことをする勇気があれば、求人広告費のコストは下がる。

 

  

RESUS社会保険労務士事務所

山田 雅人

 

労働者をぬるま湯で茹でる労働基準法

労働者は法律で手厚く守られている。確かに間違いなさそうだ。

解雇制限だって、賃金支払原則だって、最近のハラスメント論だって働き方改革だって経営者に厳しい。しかし何と労働法を知らない労働者の多いことか。

労働者を守るための法律を肝心の労働者が知らず、経営者の方がまだ詳しい。なぜだ誰かの陰謀か。ちがう、会社が教えないからだ。

残業代の切り捨ても、有給を許可しないことも、なんとなく不満に思うだけで、明確な違法なのに仕方ないと諦めていないか。そこで経営者が教えたくない労働法。ではなく、もっと教えたくない強い労働者になる準備のご案内。

 

1.経営に近い層と繋がりを作っておく。

1.法律系の職業人とつながりをもっておく。

1.他人のために抗議する訓練をしておく。

1.自らもできる限り学ぶ。

1.転職サイトは常に登録しておく。

 

労働市場は売り手市場がまだ続く。いつどんなお話が舞い込むかもしれない。組織の上位職者は必ず他の上位職者とコネクションがあり、企業は常に人材に飢えている。実は優良企業には紹介からの入職が多く、求人枠の空きは紹介の採用で決まり市場には出回らない。不動産と似ている。しかも紹介であれば好条件も望める。つまり、キャリアップを望むなら変な奴でも上位職なら付き合っておくこと。反面ガキの集まりには決別することだ。

情報に疎い人間はいつの時代もうまく使われる(搾取対象の)弱者だ。法律は情報であり、友人知人程度でも法律系の専門家とつながりが欲しい。飲み屋で聞き耳を立ててればいつか発見できるが、出会えなければ知り合いの知り合いでもいい。そして会社で匂わせておくこと。それならば上司もビビッて無茶はしない(はず)。当然、人任せでは頼りない。自らも補完する知恵を身に着けるため勉強すること。私のオススメ本は森戸英幸先生のプレップ労働法。読みやすくて面白いから当社の従業員にも読ませている。

よくある過ちは、自身の不遇を会社に抗議すること。効果がないのは当然で、自分本位の抗議は限界がある。他人のために抗議する利他のパワーならば、どこまでも正義は我にある。人のためにエネルギーを使うこと(建前)は立身出世の基本でもある。同僚がいじめられていたら上司にそっと柔らかな苦言を呈してみよう。

そして万が一のため、背水とならない心の安寧のため、広く自分を売込みできる門戸を開いておくこと。選択肢は多いほうがいい。こっちの会社ではゴミ社員扱いされてても、あっちの会社でそうだとは限らないと信じることだ。ゴミ会社のゴミ社員が優良企業の優良社員になった例をいくつも知っている。自意識過剰な勘違いさんが優良企業からゴミ会社へ行った哀しい例もあるが伏せておく。さらに僕はゴミ会社からゴミ社員扱いされていたがいまは小さい会社で社長になっていることも知ってほしい。ゴミ社長かもしれないが。

結局、チャンスとピンチはセットで存在している。チャンスはピンチ。それも変化の醍醐味だ。

しかし頼れる強い労働者の周りには内外から人が必ず集まる。出世の孤立が先か、団結が先か。

そして強い労働者を中心として優れた個々が団結して最強になる。なおキングスライムのような力を過信して会社を事業停止に追い込んでは本末転倒なので手加減してあげてほしい。

現状に甘んじることなく、こっそりと爪を磨き、反撃できるように準備しておくことも対等な労使関係には必要で、すべては会社のためにある。経営者の暴走を抑止できる労働者が存在すれば、それは大変良い会社といえる。強い会社には強い労働者が一定数結束しおり、烏合の衆では弱すぎる。労働法のぬるま湯につかりながら爪を磨く。甘えたふりで必要な時だけ便利に使い分けることが、労働法の賢い使い方だ。そうすれば、会社も、個人も、道は拓けるかもしれない。

 

 ※本稿を鵜呑みにして不利益を被っても私は責任は負いません。

 

RESUS社会保険労務士事務所

山田 雅人

 

退職者にやさしくできますか

創業から来てくれていた社員が退職した。

皆の人望も厚く、また後輩の面倒見もよい愛される人柄だった。恐怖のクソ社長である僕にも平気で注意できる物怖じしないエネルギーの溢れる若者だった。

全員に感謝のメールを送り、取引先に挨拶をすませ、デスクの汚れも残有給もきれいさっぱり美しい去り方だった。感謝のメールの送り先には、クソ社長も含まれている。

立つ鳥跡を濁さずとはよく言われることだけれど、実際にはなかなかできるものではない。

僕が勤めていたころの会社は、知らない間に辞めていたり行方不明になったり、社長の機嫌を害してクビになったり、恫喝して辞めさせてくれなかったり、無理やり挨拶させられて暴言はいてしまったり、退職月の社会保険を非加入にしたりと、まともに辞めさせた例を思い出せない。僕自身もぎこちない辞め方ばかりだった。

本人にとっては思うところ(社長がバカとか給与が安いとか休みが少ないとか)があって、ホントのところを知ることはできないけれど、それでも僕が知るところのベストな去り方だった。

 僕たちは一人ひとりが全員違って、会社という組織でかろうじてつながっている。嫌な人もいるし、合わない人もいるし、考え方や暮らしだって全員違う。そんな会社に居場所を見つけて、また新しい場所を見つけていくのは自然なことで、いつも別れは寂しいけれど、有終の美しい人はまた美しい未来があると信じたい。 

僕たちもまた、退職者にも優しく美しい別れの多い会社でありたい。

などと立派なことを言える経営者になりたい。

 

こっそりとエールを送ります。死ぬほど勉強しろよボケ。またね。

 

株式会社RESUS

山田 雅人

助成金ビジネスは汚い

助成金ビジネスは汚いといわれる。怪しいとか胡散臭いという人だっている。

いろいろ悪いことする人たちがニュースになったりするけれど、汚いビジネスの温床に国が膨大な予算を組むだろうか。国にも何か思惑があるに違いない。

中小企業でも大企業でも、規模を問わずに経営資金の捻出には最も頭を悩ませる難題であり、当社も例外ではない。運転資金は多いに越したことは無く、助成金のような雑収入はそのまま資金として制限なく転用できる。

とはいえ助成金をもらうためには申請書類をそろえるだけではなく、労働環境を整備し、一定以上を維持しなければならない。賃金台帳は当然、タイムカードや社会保険の届出など法律で決められた企業義務をしっかりと守らなければならない。10人未満の小規模企業ではほとんどが甘いが、事業活動の基本を抑えないと一円ももらえない。

苦情やトラブルとなっている一部のコンサルタントさんは、受給するためだけに適当な書類を取り繕って後のことを考えないので問題となる。着手金と合わせて受給してしまえば手数料もがっぽり入るので後の事など無視してもよいのだろうけれど、僕たち社労士はちょっと違う。

顧問契約をすればこちらから中途解約することも基本的にはできないため、助成金受給は手段であって、目的は永続的な労働環境の整備となる。それでも、中小企業にとって後回しになりがちな就業規則の作成やしっかりした労働時間管理など、助成金を受給するための要件は多岐にわたるため、ここで社労士の力が発揮される。実はここでしか発揮されない。お金をちらつかされて環境整備を強制するのだ。

経営者は事業継続のために日々心血を注いでおり、どのような動機であっても労働環境が整備されることは従業員にとっては必要なことで、助成金というお金をもらうためであったとしても結果オーライだ。

昨今は人材不足倒産などというニュースもよく耳にし、事業活動に人材は欠かせない。人材は正しく整備された労働環境があって初めて力を発揮してくれる。

私たちの顧客もはじめは懐疑的な経営者がいたが、働く人達のためになるならと、休暇取得や外部研修への参加、パートの健康診断などでも積極的に受けさせるようになった。働く人たちは社長が優しくなったと思っているが、実は助成金が欲しくて優しくしている。

助成金という餌につられて会社は将来にわたってルールを定め、会社の環境もよくなり、離職率もトラブルも大きく減少し、新しい社員たちも増える。これが厚生労働省の思惑なのだ。実に上手い。

損得で行動を決定する経営者にはお金はやっぱり効果的で、補助金助成金など、様々なお金に関する施策を提案、補助していれば専門家として信頼を勝ち取ることは容易だ。私たち無しでは経営できないようなことを言い始める人もいる(それは思い過ごし)。

信頼を得るからこそ対等の立場で経営問題に指摘することができ、以前ならばすぐに社員をクビにするなどと噴火しやすかった経営者は、今はクビなどと発言しない。社長の好き嫌いで勝手に首にすれば助成金は6か月受給できなくなる。金がからむと冷静で、血迷った行動も起こさないようになることは関心する。そしてさらに雇用関係助成金は6か月以上続けてくれなければ一円ももらえないので、すぐ辞めないような気配りもできるようになる。恐ろしや助成金の魔力。

おかみの思惑に従うのはプライドの高い経営者にとって屈辱かもしれないが、しっかり労働環境を整備し、従業員が実感してくれればお金ももらえて従業員のエンゲージメントも上がる。一石何鳥だ?

汚いとか怪しいとかいうやつに限って労働者をこき使っていたりする。確かに怪しいビジネスは存在するが、清廉潔白な経営も存在しない。

動機は不純でも、正しく手続きして金をもらって、結果的に良い方向に進むのだから別にいいじゃないか。

 

(参考資料)本来の雇用助成金の使い方 

f:id:yamadaresus:20181101210151p:plain

 

RESUS社会保険労務士事務所

山田 雅人

yamada@resus.co.jp

 

 

★関西で助成金を専門的に取り扱いしてくれる社労士事務所はまだまだ少なく、私たちが相談を受けたり受けなかったりする中小企業のほどんどは全く活用していないところばかりなので新大阪を拠点に関西一円で申請代行・相談を受け付けしています。

 

(報酬の目安)

顧問料月額8000円くらい

受給決定時報酬15~20%

 

おススメの助成金(ハードルが低くて効果的で高額)

①キャリアアップ助成金(57万円)

②人材確保等支援助成金(50万円)

不正受給の相談はお断りしています。

社会人経験もやる気もやりたいことも無くてもいいけれど、 何をしてきたかのアピールは必要。

僕は面談の時に必ず聞く。

会社以外の活動でもいいので、どんな経験をし、成功し、失敗してきたか。

 

僕たちのようなチームで行う仕事は、場を読む感覚だったり、危機をいち早く察知する能力だったり、相手に対して心地よい対応をしてくれる自然な感覚を持った人が望ましい。

 

僕は長いあいだ人事に携わってきたが、会社という組織では長く勤めてもらわなければ評価のしようがない。1年で個人を量ることは難しいし、1年で極めることのできる職業などないため、当社に限ってはできるだけ長くつづけてくれるような集団生活に適した人柄を最も重視している。個人の能力だけ高い嫌な奴がうっかり上司になったりすると、とても不幸なことが起きることをたくさん見てきたからだ。

 

 さて、未経験歓迎の募集をしているとたくさんの方が応募してくれるわけだが、会社のいう未経験者とは、自社に近い業務の経験が必要ないだけで、人生の経験までも未経験を歓迎しているわけではない。

 

ボランティア活動だったり、趣味の世界だったり、遊びでもスポーツでも誰しも何かに打ち込んだことはあるはずで、打ち込めばかならず失敗や成功体験があるはずだ。失敗体験は人格を丸くし、また賢くしていく。

 個人の能力を重視する会社であれば個人の能力をアピールすればよいし、チームプレーを重んじる会社であればチームで行った経験をアピールすると効果的だ。

履歴書に書くことがないと若年層は悩むが、学歴や雇用経験以外を書いてはいけないなどというルールは無い。いろんな経験をかけば、A3用紙の履歴書には書ききれない人だっているはずだ。書式なんて変更して自己アピールのできる項目を増やしてしまえばいい。

  

最近の企業は人事研究が進んだおかげで、学歴だけを重視せず、個人の経験や人格を総合的に評価しようと試みているところが増えた。新卒後勤めた会社を3か月で辞めてしまっても、それも一つの経験としてポジティブにとらえていれば必ず良い職業は見つかる。こっちでダメだからと言って、あっちでもダメだとは限らない。自分で決断した道は堂々と歩く方がよい。

 僕の会社は未経験者ばかりだが、各々がここに勤めるまでに辿った経験の蓄積が広く全体の業務に役立っている。経験の多い人間はよく疑い、多少のことでだまされるようなことも無い。社長の言うことは絶対ではなく参考程度に聞いておき、鵜呑みにせず誰の言うことも疑い、自分で調べて確証を得る習慣がある。

 

僕は会社をクビになって独立したし、過酷な会社から流れ着いた社員もいるし、会社を倒産させた元経営者の社員だっている。アニメな話題で顧客と仲良くなって取引を円滑に進めている社員だっている。 全ての経験は自分の役に立てるためにある。

だからこそ、自分が今までどんなことに打ち込み、どんな経験をしてきたかのアピールをしてほしい。せっかくの沢山の経験も、思っているだけで黙っていては持ち腐れになる。人事担当者や僕たちにはそこまで見抜く能力は無いのだ。

 アピールできるようになれば会社が欲しがる確率は格段に増える。結局はセールスマンのように、明るく経験を売込みできる能力があるか無いかで結果は大きく変わるのだ。

僕たちのようなベンチャー企業においては、今の事業が来年まで続いているとは限らない。だから僕たちは絶えず変化し、誰もしていないことをして、取引先に最高の成果を出して見返りを得るために日々挑戦している。経験で凝り固まった脳より、未経験者の素朴な疑問が業務を大きく改善するきっかけになることだってよくある。

 

 就労は手段であって目的ではない。就労の様々な体験を通じて見えてくる人生もある。会社をうまく利用すれば、自分のやりたいことが見つかるかもしれない。過去のすべての経験をポジティブに捉えて、まずはアピールだ。

 

 

RESUS社会保険労務士事務所

山田 雅人